キャッシング利用する際に必要な書類

キャッシングを利用する際に必要な書類は、本人確認書類です。運転免許証、健康保険証、パスポートなどのいずれかがあれば大丈夫です。
本人確認書類は、住所と現住所が合っていることが重要で、もし違っている場合は、発行日から6カ月以内の現住所が記載されている住民票もしくはその写し、納税証明書、社会保険料の請求書、公共料金の請求書などのコピーが必要になってきます。
また、収入証明書が必要になる場合があります。該当するのは、一般的に、借入希望額が50万円を超える場合、もしくは借入希望額と他社からの借入が合計で100万円を超える場合です。
収入証明書として認められる書類は、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2カ月の給料の明細書と1年分のボーナスの明細書などになります。

 

 

キャッシングを利用する際、これらの書類があれば十分で、他には特に書類は必要ありません。少ない書類で便利にお金を借りることができるので、キャッシングは人気があるのです。
最近では、ネットキャッシングが主流になりつつあり、必要書類も郵送ではなく、メールで添付することも可能になりました。店舗に出向かずにすべてが完了します。