キャッシング 本人確認

キャッシングを受けるには審査が必要です。
その審査はまずウェブの申し込みフォームに自分の情報を入力します。
自分の情報とは、名前・生年月日・性別・住所・勤め先・勤め先の電話番号などの
基本情報です。
自分の情報なので、入力には困ることがないでしょう。
その次に相手側が勤め先に電話したりする、在籍確認が行われます。
確認できれば次の審査に入ります。
次の審査は情報に偽りがないかの確認です。
この時に本人確認をされる場合があります。
キャッシングの本人確認の方法は様々です。
本人確認の書類は運転免許証か、健康保険証と決められています。
会社によっては運転免許証でないと受け付けない場合もあります。
この書類をコピーしてファックスで送る方法もありますが、最近多くなっているのは書類の
写メをとって送る方法です。
書類の写メはきちんと字が見えていなければなりません。
綺麗に撮りましょう。

 

その写メは相手側から指定されたアドレスに送ればいいだけです。
字が見にくい場合は撮り直しを言われるかもしれませんが、きちんと見えていれば
問題ありません。
また本人確認は後日でもいいという場合があります。
この場合は身分証明証をコピーして、その書類を郵送するという方法があります。